耐用年数が過ぎてしまったら ホームページをリニューアルしたい方

「このままじゃ、まずい…よね。」

「このままじゃ、まずい…よね。」

ホームページをお持ちであっても、内容が古く間違っていたり、業務内容とそぐわないデザインや、さらに一昔前のレイアウト、デザインのまま、ホームページが放置されてる場合があります。
またアクセス数が少なく、効果があまり感じられないホームページもあるでしょう。

そのような時、将来を見据えたホームページのリニューアルをお勧めします。

ホームページのリニューアルが必要な時とは

ホームページを取引先やエンドユーザーに見られた時、内容が間違いや、デザインの古さなどで、見られたら困るなと感じられたら、まずリニューアルが必要でしょう。
内容、デザイン、アクセス数などに不満がありましたら、まず私たちにご相談をして下さい。

どういったところが悪いのか、お持ちのホームページについて現状を把握されたい方は、ホームページの無料診断をご利用下さい。

ホームページの内容に不満

ホームページの内容に不満

お持ちのホームページの内容に不備がある場合、そのホームページを見る方は、やはり不満に感じているでしょう。
そういったホームページがあることによって、会社や店舗など組織自体も、軽く見られるかもしれません。
代表取締役名が間違っている、メニューが古いなどは、あったら困るホームページです。

内容が間違っていたり、古いホームページのリニューアルはこちら»

ホームページのデザインに不満

ホームページのデザインに不満

デザインについては、一定の時期が経つと、どうしても古くなってしまうものです。
ホームページのレイアウトを含むデザインは、そのホームページを見るモニターの大きさや、ホームページを見るソフト(ブラウザ)、さらに制作時のトレンドによって、かなり変わります。
見た目に良い、最新のデザインで、お客様にアピールしましょう。

デザインに不満があるホームページのリニューアルはこちら»

ホームページのアクセス数が少ない。

ホームページのアクセス数が少ない。

ホームページ制作時に、制作者側からの説明が少なく、しっかりとSEO対策を行っていない場合、アクセス数が少なかったり、希望するキーワードで検索をされていなかったりすることがあります。
またホームページの作りだけではなく、外部対策を行っていないなどの、問題点もあるかもしれません。

アクセス数が少ないホームページのリニューアルはこちら»

ホームページの無料診断

ホームページの無料診断

お持ちのホームページにご不満がある方は、今お持ちのホームページの問題点を知ることから始めましょう。
どんなお客様に、どんなことをアピールしたいのか、どのようなキーワードで検索をされたいのか、などを教えていただければ、私たちが考えるホームページのリニューアル内容を無料でお伝えします。
もしかしたらリニューアルをしなくても、更新程度で問題が解決をするかもしれません。

ホームページの問題点を知る無料診断はこちら»

ホームページのリニューアル時に大切なこと。

リニューアル時に大切なことは、お客様の業務内容、仕事内容をしっかりと把握することです。
業務内容をしっかりと理解することで、制作、リニューアルするホームページが誰に何を見せるホームページかが分かります。
ホームページを見る人にとって、必要なページを作成し、必要なデザインでアピールし、必要なSEO対策を行いましょう。

お問い合わせ、ご相談は無料。お客様にとって、どんなリスクもコストもない所からホームページの制作、改善が始まります。見る人のためのホームページ制作、接客をするためのホームページ更新、検索する人のためのSEO対策で、この先もずっと、ビジネスツールとして活用するホームページ、ドメインを一緒に育ててみませんか。お問い合わせは、お電話(03-6271-0880)か当ホームページのメールフォームからお願いします。

メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る