やるのなら本気で ネットショップ

「売れるんじゃないかな。インターネットで」

「売れるんじゃないかな。インターネットで」

インターネット上で商品を販売したい方のために、ネットショップ(ECサイト)の構築を行っています。
ECキューブでのオリジナルネットショップ制作から、おちゃのこネット、楽天ショップにYahooショップなど様々なネットショップの制作、運営を行っています。

顧客管理、商品管理、販売管理ができるネットショップの構築については、運用することをしっかりと計画に入れて制作することを強くお勧めします。

ネットショップを制作する前に重要なこと

ネットショップを制作する前に重要なこと

インターネット上ならば、“売れる”ということはありません

実店舗で販売しており、よく売れているものは、インターネット上でも販売できるでしょう。
逆に実店舗では売れないけれども、インターネット上ならばと考えると失敗してしまうかもしれません。
世の中にネットショップは数多くありますが、実際に利益が出ているのは、その2割程度という話もあります。
営業担当者の口車に乗って本格的なネットショップを構築してしまい後悔するケースもよく見受けられます。

売れるものは、実際の店舗でもインターネットでも売れる、売れないものは実際の店舗でもインターネット上でも売れない、ぐらいに考えた方が良いかもしれません。

インターネット上で売れる商材とは

誰もが売っている商材は利幅は低いのですが、売れる商材です。その場合、差別化は価格となるので仕入れ力が勝負です。有名メーカーの化粧品や健康食品などは、名前が既に知られており、あるいは価格のみで販売することができます。

そのほか自分だけが売ることのできるオリジナル商品は、売れる可能性があります。オリジナル商品の販売をする際は、広告予算に基づいた広告戦略を必ず立てるようにしましょう。
メーカー会社がネット上で自社販売を行うケースでは、卸会社や小売会社への配慮をしつつの販売となります。

ネットショップ運営時の広告戦略としてリスティング広告もご検討下さい。»

本格的なショップ、ではなくて良いのなら…

本格的なショップ、ではなくて良いのなら…

商品を紹介してお問い合わせを受け付けるのも一つの方法です。

ネットショップは持ちたいけれども、顧客管理や商品管理、販売管理に決済モジュールなどの本格的なネットショップ構築、運用には踏み切れないことも考えられます。
そうした場合、商品紹介のホームページに簡単なカート機能、もしくはメールフォームなどで、商品のお問い合わせを受ける付けるといった、ネット販売方法もあります。

ネットショップの更新

ネットショップの更新

ネットショップ担当者の仕事は少なくありません。

本格的なネットショップの場合、注文から配送、さらには商品アップなど、専従ではないにしても担当者がいないと、うまく運営できません。
また楽天ショップ、Yahooショップなどの更新、運営には一定の画像作成やhtmlの知識が必要な場合があります。

楽天ショップやYahooショップなどネットショップの運営代行もご覧ください。»

ネットショップの制作料金例

【構成】

  • ネットショップお任せコーディネート
  • ネットショップCMS構築
  • ネットショップ初期設定
  • 初期登録作業
  • ネットショップ運営説明

ネットショップ制作料金:432,000円~

※上記料金は消費税込です。
※サーバ・ドメインやホームページの保守・更新料金は含まれていません。

ホームページの制作料金、ホームページの運営・保守料金はこちらをご覧ください。»

独自ドメインでのネットショップ、それとも楽天、Yahoo?

独自ドメインでのネットショップ、それとも楽天、Yahoo?

利益を取るか、集客を選ぶか

独自ドメインでのネットショップ運営の良さは、売れた場合の利幅の高さでしょう。利幅が高いということは、値下げも可能になるということです。
一方で、楽天ショップやYahooショップなどは大型ショッピングモール内に自社店舗を持つようなものなので、集客がすでにできています。そうした集客のできているところに、場所代、販売手数料を支払いつつ、売れる商品を並べるイメージとなります。

投下資本にもよりますが、実際の店舗を運営するのと同様、どういった出店形式がベターなのかが意思決定のしどころです。
また、最近ではヤフーオークションなどのオークションサイトで商品を販売する方法もあります。

ネットショップの構築時に重要なこと

ネットショップの構築時に重要なことは、どのような商品をどう販売するのかではありません。
店舗を持った以上、販売する商品、どう販売するかは店舗運営の中で、当然、変わっていくものですし、広告媒体も効果測定を行いつつ、変更を加えていくものでしょう。
ネットショップの構築時に実務として重要なのは、“特定商取引法に基づく表記”。こちらが決定していることが重要です。

特定商取引法に基づく表記とは、ネットショップならば必ず掲載しなくてはいけないものですが、例えば以下のようなものとなります。

  • ・配送料金や配送業者
  • ・支払方法
  • ・返品・交換について
  • ・販売業者名や運営責任者

こうしたことを整えることが、まず最初に行うネットショップ構築の実務となります。

お問い合わせ、ご相談は無料。お客様にとって、どんなリスクもコストもない所からホームページの制作、改善が始まります。見る人のためのホームページ制作、接客をするためのホームページ更新、検索する人のためのSEO対策で、この先もずっと、ビジネスツールとして活用するホームページ、ドメインを一緒に育ててみませんか。お問い合わせは、お電話(03-6271-0880)か当ホームページのメールフォームからお願いします。

メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る