けっこう楽しい ソーシャルマーケティング、フェイスブックページ

「うちもフェイスブックとか、ツイッターとかをやってみるか。」

「うちもフェイスブックとか、ツイッターとかをやってみるか。」

ソーシャルメディアやソーシャルネットワークとも呼ばれるフェイスブック、さらにはツイッター、ユーチューブなどの動画投稿サイト。
企業にとってホームページを持つことが当たり前となった来たように、今にフェイスブックページを持つことが当たり前の時代になるかもしれません。

また会社としてフェイスブックを使用していなくても、個人としてフェイスブックを使用している方は、たくさんいらっしゃると思います。フェイスブックに誘われる前に、誘ってみるのも面白いでしょう。
こうした無料の情報発信、情報拡散ツールに親しむことから初めてみましょう。

無料で、便利。ますます広がりを見せるソーシャルネットワーク

無料で、便利。ますます広がりを見せるソーシャルネットワーク

ソーシャルネットワークに夢中になってしまうかも

インターネットの匿名性(その実、匿名性はインターネット上にはほとんどありませんが…)が指摘される中で、実名、顔写真登録で実際の友人関係をインターネット上に反映させる社会的なネットワーク、“ソーシャルネットワーク”はますます広がりを見せています。

ソーシャルネットワークはあくまでもハード、システムであり、そのシステムを生かすのはソフト、運用です。
運用次第で強力なツールとなるソーシャルメディア。
良質な投稿が継続し、閲覧者やエンドユーザーと直接つながる感覚を味わうと、夢中になってしまうかもしれません。

無料のツールに親しんでみましょう。

ツイッターの情報拡散のスピードは良くも、悪くも凄いものです。しかも検索エンジン対策にも優れています。ツイッターを運営しない手はありません。
また動画投稿サイトのユーチューブでもサービスや製品の情報を動画の形で無料で掲載することが可能。自分の動画チャンネルも作成することができるし、掲載した動画は、自分のホームページの中に貼り付けることも可能です。

言葉や写真では伝わらないものも、映像と音で表現すると、伝わりやすいでしょう。
一押しのメニューなど、調理している最初からを動画で紹介すると、より閲覧者においしさが伝わることでしょう。

更新は必ず行いましょう。

更新は必ず行いましょう。

エンドユーザに向けて直接、情報発信を行おう。

つながりが命のソーシャルメディア。また企業ツイッターは特に、情報発信をしないと意味がありません。
続けるには担当者が時間を決めて短時間に、さっと行うことがコツです。良質な投稿、と言われると萎縮してしまうかもしれませんが、何が当たるかはまず運用してから考えましょう。

エンドユーザーに向けて情報発信をしているということが重要です。

ソーシャルネットワーク同士を連動させて更新の手間を減らす

ソーシャルネットワーク同士を連動させて更新の手間を減らす

作業はまとめて一回で

「ブログとツイッター、終わったらフェイスブックも更新して…」、などどしていたらほかの重要な仕事が手につきません。時には、一つに絞ることも必要です。
また、それぞれの機能によって例えばブログを更新すると、フェイスブックに自動的に反映される、またはフェイスブックを更新するとツイッターに自動的に反映されるなどの仕組み作りもできます。

できるだけ楽をしながら、良い情報を発信しましょう。

フェイスブックページの制作料金例

【構成】

  • フェイスブックページ設定
  • カバー画像作成
  • フェイスブックページ更新補助

フェイスブックページ制作費:32,400円

大企業の場合は、ソーシャルメディアの運用規約が必要なことも

大企業の場合は、ソーシャルメディアの運用規約が必要なことも

ソーシャルメディアポリシーをあらかじめ明示する

フェイスブックページなどソーシャルネットワークを企業の広告として利用する場合、だれが、何を、どのように配信するのか、またエンドユーザーとの交流の仕方など、いわばソーシャルネットワークの運用規約、ソーシャルメディアポリシーが必要な場合があります。
また、交流の場である以上、企業やサービスに対する苦情や誹謗中傷もあり得るでしょう。

企業の公式フェイスブックページを持つ場合、様々な状況に対し、どのように対応するかをあらかじめ明示することが重要です。
またフェイスブック自体の規約は必ず、確認しましょう。利用規約に違反してフェイスブックアカウントが削除されることもあります。

まずは始めてみましょう。

個人商店様や、中小企業の場合、まずは代表者様、担当者様が自分のフェイスブックを立ち上げてみることから始めましょう。
個人としてフェイスブックを楽しむことで、フェイスブックページの感覚がつかめてきます。
そこで友人や仕事上の知り合いとつながることで、スムーズにフェイスブックページ自体に移ることができるでしょう。

フェイスブックで重要なことは、それが企業アカウントであれ、良質な投稿とコミュニケーションであることが感覚的に分かるはずです。

お問い合わせ、ご相談は無料。お客様にとって、どんなリスクもコストもない所からホームページの制作、改善が始まります。見る人のためのホームページ制作、接客をするためのホームページ更新、検索する人のためのSEO対策で、この先もずっと、ビジネスツールとして活用するホームページ、ドメインを一緒に育ててみませんか。お問い合わせは、お電話(03-6271-0880)か当ホームページのメールフォームからお願いします。

メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る